白ホリゾント(白い部屋)

白ホリゾント(白い部屋)のフロアガイド

※画像をクリックすると、拡大表示いたします。

白ホリゾント(白い部屋)の特徴

手塗りの白壁・白床。自然光あふれる明るいスペース。

手塗りの白壁と白床による光の反射光でお部屋いっぱいに光が十分に回ります。その明るさはなんと通常のお部屋の4倍の明るさに匹敵する、EV11相当の明るさ!なので、カメラを持ってくるだけで撮影を行えます!

手塗りの白壁・白床。自然光あふれる明るいスペース。
時間帯・季節・気候の自然光によって様々な表情に変わる白ホリゾント

時間帯・季節・気候によって様々な表情があります。

東西に設置された窓から差し込む自然光。
​時間、季節、気候において様々な表情を持つので、その変化のある撮影をお楽しみいただけます。

ホリとはドイツ語で水平線を表す「Horizont」の略です。
本来は床と壁面の境界線が緩やかな曲線でつながっています。(Rホリゾント)
本来の白ホリ空間は基本的に外光が入らないよう遮断されています。
※ラズスタジオの白ホリゾント(白い部屋)は自然光撮影との両立を行っております。
それに伴い、自然な撮影のシーンを演出するために、直角での白壁にしています。

白ホリゾント(白い部屋)の室内写真

※画像をクリックすると、拡大表示いたします。

室内ストリートビュー

紹介動画

利用料金

スタジオの利用料金については下記ボタンよりご覧いただけます。

予約ページ

予約状況の確認、ご利用予約のお申込みは下記ボタンよりご覧いただけます。

アクセス

スタジオへの行き方、地図は下記ボタンよりご覧いただけます。

白ホリゾント(白い部屋)の撮影メリット

  • 綺麗に被写体を撮影できます。
  • 基本的にどんな撮影にも対応可能。
  • 被写体の本来の魅力を引き立てます。
  • 切り抜き、合成加工などがしやすいです。
  • 室内なので季節・天候に左右されません
白壁(白ホリ)は光(自然光や機材から)が 反射された柔らかい光があたるので綺麗に撮影がしやすいです。
さらに当スタジオは自然光撮影も可能なスペースです 床も天井も白なので自然光が全体に拡散します。

白ホリゾント(白い部屋)の撮影のコツ

①室内の蛍光灯照明を落とすのがおすすめ。全部でなくてもOKです。

撮影に適していない電気は黄色くなったり変な色が入ってしまう場合があるからです。また、遅いシャッタースピードにしないといけないからなどの理由です。

②写真の色がバラバラにならないようにストロボを使用すると仕上がりがアップします。

もしくは、自然光を使用します。​
​十分に明るい部屋ですが、カメラが認識する明るさに近づけるほど、仕上がりがアップします。

③背景を白く飛ばすか、若干背景の色を少し残すか調整します。

背景をとばせば被写体が綺麗になるし、残すと自然な感じが残ります。
壁に近ければ影が出にくく、少し離れて撮影を行い、影を活かした撮影も可能です。

④影をつけるため1灯でとるか、無くすために2灯や3灯でとるかなど決めます。

写真の雰囲気を決める影。この調整をお好みで変えられるのも、白ホリの醍醐味といえます。

白ホリゾント(白い部屋)の撮影方法応用編

白壁(白ホリ)をグレーの背景にするコツを解説

白壁(白ホリ)をグレーの背景にするコツを解説
白壁(白ホリ)をグレーの背景にするコツを解説

白壁(白ホリ)をグレーの背景にする機材

モノブロックストロボ
モノブロックストロボ

ソフトボックスやアンブレラなどのディフューザーがあると良いです。
より効果を高めるためには、光の範囲を調整しやすい、ソフトボックスをオススメします。

ソフトボックス
ソフトボックス
ホワイトアンブレラ
ホワイトアンブレラ
白壁(白ホリ)をグレーの背景にする
参考方法

①グレー背景撮影の際は、被写体を壁から離してください。
グレーにしたい範囲にもよりますが、1~2メートルは離し、調整を行ってください。

②カメラの感度(ISO)は、低め(50~100)あたりを目安に設定してください。
※機種にもよります。わからなければ一番低い設定を試みてください。

③次に、シャッタースピードを早め(1/100)あたりを目安に設定し、テスト撮影を行ってください。
被写体は明るく、背景の白ホリは暗くなり、グレーから真っ黒にすることだって可能です!

④シャッタースピードを設定してから、ストロボの光量の設定に映ります。
ポイントは2点です。

 1.ストロボと被写体までの距離

 2.光量

​この2つを調整しながらテスト撮影してベストな設定を見つけます。
顔が明るくなりすぎない、背景が白くならない設定(グレーになるように)がベストです。

補足ポイント
うまくいかない場合はストロボの光が拡散されている場合があります。

もしくは、アンブレラを使用の場合、全体的に大きく光が拡散されてしまっているかもしれません。
その場合はソフトボックスを使用して、被写体の顔に光が当たることを意識した場所に置きましょう。
光の拡散を調整するグリッドなどがあるとさらに良いです。

カメラの場合 シャッタースピードが早すぎる場合もあります。

白ホリとなるとキレイに撮れるのですが、グレーに背景の色を変えるだけでも撮影の幅が広がります。
カッコいいキャラクターならそれだけで印象的ですし、白色ではなくなるのでバックライトを入れても良いです。

是非、チャレンジしてみてください!!

白ホリゾント(白い部屋)のオススメ使用機材

定常光ライト
定常光ライト x2 無料
【GODOX SL60W 5500K】
モノブロックストロボ

モノブロックストロボ x2 無料
【GODOX SK400II】
シンクロコード有り。
HSS不可。

ソフトボックス

ソフトボックスx2
60×90㎝
グリッドの取り外し可能。

トランスルーアンブトランスルーアンブレラレラ

アンブレラ
​透過(33インチ)、白(41インチ)、シルバー(41インチ)の3本あり

白ホリゾント(白い部屋)のオススメ小道具

カポック

カポック

自然光を避けて撮影を希望する方には、カポックをご用意してます。

黒ホリゾント(黒い部屋)と白ホリゾント(白い部屋)
どちらもご利用可能

黒ホリゾント(黒い部屋)も白ホリゾント(白い部屋)も2部屋まとめてのレンタルスタジオ。どちらもお部屋もご利用いただけます。

白ホリゾント(白い部屋)との、家具の移動可能

白ホリゾント(白い部屋)にある家具を移動してお使いしていただけます。

大阪撮影スタジオの黒ホリゾント(黒い部屋)
LUZZ STUDIOの白ホリゾント(白い部屋)の室内写真 ​11

利用料金

スタジオの利用料金については下記ボタンよりご覧いただけます。

予約ページ

予約状況の確認、ご利用予約のお申込みは下記ボタンよりご覧いただけます。

アクセス

スタジオへの行き方、地図は下記ボタンよりご覧いただけます。