【必見!】タオル商品撮影で売上向上!ユーザーの心を掴む写真撮影のポイント

商品写真は、オンラインショップでの売上を左右する重要な要素です。

どんなに良いタオルでも、写真が魅力的でなければ、お客様は購入を検討してくれません。

そこで、今回のブログ記事では、タオル商品撮影で売上を向上させるためのポイントを詳しくご紹介します。

・ユーザーの心を掴むタオルの商品撮影のポイント

商品撮影は、単に商品を綺麗に撮影するだけではなく、商品の特徴や魅力を伝えるためのコミュニケーションツールだと筆者は考えています。

そのため、依頼者自身が、商品をどのように伝えたいのか、どのようなイメージで撮影したいのかという明確なビジョンを持つことが重要です。

1.コンセプトとターゲットを整理する

コンセプトとターゲット層に合わせた写真で購買意欲を高めることできます。

商品撮影は、単なる技術的な作業ではなく、商品を魅力的に見せるためのさまざまな要素を考慮する必要があります。

中でも特に重要なのが、商品のコンセプトとターゲットを明確にすることです。

そして、どのような方に、どのようなシーンで使用してもらいたいかを明確にします。

このことにより、訴求したいことがしっかりと的を得た撮影をすることにつながります。

2.「写真で伝える内容」を整理する

写真を通じて、ユーザーに伝えたい内容を整理し、商品の持つ「オリジナリティ」を伝えることが大切です。

この内容がぶれてしまったり、模範的になってしまうと、他社製品の中に埋もれてしまうためです。

内容を整理するポイントとしては、商品の持つ「オリジナリティ」を伝えましょう。

日常生活に欠かせないタオルの撮影においては、その「オリジナリティ」の内容は多岐にわたります。

ここでは例として

  • 機能性
  • デザイン性
  • ストーリー性

これら3つの例が物が挙げられます。それぞれご紹介します。

1.「機能性」を伝える例

・吸水性をアピール

ガラスボウルに水を張り、タオルに水を吸わせるような動画などを撮影し、
どのくらい水がすうかを一目瞭然にする撮影もお勧めです。見る人が吸水に優れていることがわかるようにします。

・機能性からの異なる使用方法の提案

タオルは「拭く」というメインの機能性の他、様々なアプローチ方法があります。

例えば、吸水性のあるタオルかつ、大きいサイズの場合、足ふきマットとして使用する提案写真を撮影することで、

使用方法の提案と合わせて、サイズ感も伝えることができ、文書や数字では伝えきれない、タオルの利便性が伝わります。

・重さの表現

軽さが魅力のタオルであれば、重いタオルを比べて、軽さをアピールする撮影もお勧めです。

例えばはかりに乗せて実際の重さを測定してみるであるとか、

今までのタオルとの重さ比較の写真などで、バージョンアップしたことをPRするのもとてもよいです。

・サイズ感

サイズの写真も効果的です。

こだわったタオルのサイズ感をわかるような撮影とそのこだわりが伝わるようにしましょう。

・ハンガーにかけた状態を撮影

生活の中で、日常的に使用しているアイテムと組み合わせることで実際に使用しているイメージとサイズ感が伝わるでしょう。

タオル撮影においては、ハンガーを使った撮影で、サイズ感と、実際の使用イメージを訴求することで親近感を持ちやすくなるでしょう。

・購入後の情報を伝える

購入後にユーザーが直面する問題を解決するメンテナンスの方法といった、購入後の情報を写真でわかりやすく伝えることで、

商品だけでなくブランドのイメージアップにつながります。

2.「デザイン」を伝える例

・タオルのふわふわ感をアピール

手で押してどのくらいふわふわがわかるような短い動画などでも見る人にとってはふわふわ感が伝わりやすくなります。

または、ふわふわの小物などと並べて撮影演出することで、静止画でもその感じを伝える補助的な役割もできます。

・ズームアップのタオル生地の写真

パイルのズームアップの写真も効果的です。生地の質感が詳細まで見る人に伝わります。

・使用している素材と一緒に撮影する

タオルを製造する際に使用してい糸や素材の写真を撮影することで、商品そのもののストーリーや、気づきを生み出すことができます。

商品ぺージを構成する際にも、タオルの写真ばかりだと飽きてしまうユーザーの興味も引き立たせ、離脱を防ぐことができます。

・タオルのカラーに写真の色彩を統一する

カラーバリエーションが豊富なタオルの場合、1つ1つのカラー毎に背景や小物をタオルのカラーに統一することで、
一つ一つのカラーにストーリーを感じさせ、カラーの魅力をより伝えることができます。

一緒に撮影する小物によって、商品やブランドのイメージも伝えるストーリーもできあがります。

例えば、植物やお花で統一すると、自然をコンセプトとしたイメージを伝えることができます。

3.「ストーリー性」を伝える

・生産工場や職人の背景

例えば、こだわった生産背景があればそれは信用、品質のPRにつながります。

生産工場での撮影や、職人さんの撮影などもあれば、見る方にとっては信頼感が増します。

・特定のシチュエーションに絞った撮影

特定のシチュエーションをテーマにした商品の場合、そのテーマに沿った背景や小物を用いて撮影を行うことで、商品の持つ特別なストーリーを伝えることで、その商品に込めた想いをユーザーに届けることができます。

・贈答品・プレゼントとしての撮影

タオルは、贈答品、プレゼントとしても人気です。
プレゼントボックスの中に入った状態を撮影し、ギフトセットとして提案も伝えることができます。

・弊社撮影サービスの強み

弊社への商品撮影のご依頼に対し、「ただ撮影するだけ」にとどまらない、様々なサービスを提供しております。

大阪の撮影会社 株式会社ラズスタジオでは、

お客様の希望イメージ、予算面、コスト面を丁寧にお伺いし、お客様に最適な撮影プランをご提案しております。

例えば、

・撮影ディレクション

あらゆる撮影を成功に導くため、専任のディレクターが、お客様とのヒアリングを通して、撮影ディレクションから現場監督まで、撮影に関わる全ての工程をトータルでサポートいたします。
単なる撮影ではなく、見る人の心に響く写真を撮影するお手伝いをいたします

・商品の用途やターゲットに合わせた、最適な撮影オプション

様々なシーンに対応可能な自社撮影スタジオの他、モデルキャスティングやヘアメイク手配、スタイリスト手配といった、商品の用途やターゲットにわせた最適な撮影オプションのご提案、手配も可能です。

・撮影後のサポート写真編集による、さらなる訴求力アップ

撮影後の、編集・レタッチ環境も充実しております。

背景の切り抜きや、カラーの変更など、WEBショップ運営の経験のあるスタッフがお客様の「こうしたい」をお手伝いいたします。

プロの技術でお客様の大切な商品の売り上げアップに、撮影を通じてサポートしております。

お問い合わせは下記ホームページより

株式会社ラズスタジオ https://www.luzzstudio.com/
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

・お客様の声

弊社の撮影サービスを利用して、売上アップを実現されたお客様の声をご紹介します。

  • 「写真を変えてから、問い合わせが明らかに増えました。」
  • 「他社との差別化ができて、価格競争から脱却できました。」
  • 「ブランドイメージが向上し、顧客満足度が向上しました。」

・まとめ

商品撮影は、単に商品を綺麗に撮影するだけではなく、商品の特徴や魅力を伝えるためのコミュニケーションツールだと筆者は考えています。

そのため、依頼者自身が、商品をどのように伝えたいのか、どのようなイメージで撮影したいのかという明確なビジョンを持つことで、ユーザーの心を掴む商品撮影写真に繋げ、ネットショップ販売を成功させましょう。

 

自社撮影スタジオの紹介

・LUZZ STUDIO (大阪・堺筋本町)

ホームページ:https://luzz-studio.com/(別タブで開く)

・A8 LUZZ STUDIO(エーハチラズスタジオ)

ホームページ:https://a8luzzstudio.com/(別タブで開く)