【プロジェクター撮影】のご紹介 大阪市レンタルスタジオ ラズスタジオ

2022年8月22日更新 文章修正・画像変更

こんにちは。株式会社ラズスタジオの綾です。

今回は、プロジェクターを使ったスチール撮影の紹介をさせて頂きます。

 

撮影に使用した機材

・撮影用カメラ(Canon EOS5D MarkⅢ)

・プロジェクター(EPSON プロジェクター EB-W420 3000lm WXGA)

(弊社のレンタルスタジオで有料にて貸し出し中です)

・プロジェクターと接続のPC

・定常光ライト(GODOX SL60W)x1

撮影方法

ライティングの簡単な図案はこちらになります

LUZZ STUDIO BLACK ROOM(黒ホリゾント内)

 

撮影ポイント

<ポイント①>

使用する画像は解像度1280pixel x 800pixel以上の画像をご用意ください。

この解像度より小さい画像ですと、投影される画像が荒くなります!また作風にもよりますが、プロジェクター投影の背景を引き立たせたい場合はハッキリとした画像をご用意していただけるとより良いですよ!

<ポイント②>

プロジェクター撮影はありとあらゆる条件が光で形成されています。プロジェクターからの照射も、被写体を明るくするストロボも

なので、この光をお互いに干渉させることなく、ライティングできるかが鍵なります。

 

<ポイント③>

被写体さんは必ず、プロジェクターの光を直接見ないようにしてください!!

当スタジオのプロジェクターは3000㏐のものを使用しております。ふと移動の際に見てしまったのですが、

とてもまぶしいです。

もう決め顔とか言えないぐらいのレベルです。お気をつけて!!

 

まとめ

プロジェクター撮影におけるポイントをまとめます!

<ポイント①>

使用する画像は解像度1280pixel x 800pixel以上の画像をご用意ください。

<ポイント②>

プロジェクターの光とストロボの光をお互いに干渉させることなく、ライティングできるかが鍵なります。

<ポイント③>

被写体さんは必ず、プロジェクターの光を直接見ないようにしてください!!

是非とも挑戦してみてくださいね!

データはUSBメモリーに拡張子を付けたJPEGのデータを入れて持参していただけますようお願いいたします。

↓撮影したスタジオはこちら↓

・LUZZ STUDIO BLACK ROOM

https://luzz-studio.com/

 

↓場所はこちら↓

〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

↓お問合せはこちら↓

https://luzz-studio.com/contact/

それでは、また。

綾でした(^^♪

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2022.05.31最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。