ロケーション撮影の舞台裏:商品撮影の成功事例

株式会社ラズスタジオです。

商業写真において、製品の本質を捉えることは、効果的なマーケティングと販売戦略にとって不可欠です。

スタジオ撮影では、一定の条件下で撮影できるという利点がありますが、
ロケーション撮影は、よりダイナミックでリアルな背景を演出することで、製品の魅力をさらに引き出すことができます。

今回は、親子向けの新商品を、海や公園を舞台に撮影したロケーション撮影の舞台裏をご紹介します。

撮影の舞台裏では、自然光を最大限に活かした撮影方法や、天候などの課題を克服するためにどのような工夫をしたのか、詳しくお伝えします。

ロケーション撮影の舞台裏~準備編~

1.撮影場所選び:親子で一緒に楽しめる場所

まず大切なのは、親子で一緒に楽しめる場所を選びます。

今回は、子供たちの遊び心を表現するために、海や公園で撮影しています。

2.天候の確認と対策

ロケーション撮影は、天候に大きく左右されるため、事前にしっかりと確認し、対策をしておくことが重要です。

2-1. 天候の確認

  • 天気予報:撮影日の数日前から、天気予報をこまめに確認します。
  • 専門情報: 気象庁のホームページやアプリなどを活用し、より詳細な天気情報を確認したりします。
  • 現地情報: 撮影場所の過去の天候データや、現地の天候情報も参考にしたりします。

2-2.撮影場所の確認

  • 屋根や日陰: 雨天でも撮影を続けられる場所があるかどうか確認します。
  • 天候の影響: 風や日差しなどの影響を受けやすい場所かどうか確認します。
  • 代替案: 雨天の場合は、室内での撮影など、代替案を準備しておきます。

2-3.施設の変更

  • 室内施設: 雨天の場合は、室内施設での撮影に切り替えられるかどうか確認します。
  • キャンセル料: 施設のキャンセル料を確認しておきます。
  • 代替施設: 他の室内施設を候補として挙げておき、必要に応じて変更できるようにしておきます。

2-4.スケジュールの変更

  • 撮影時間: 撮影時間を早めたり、遅らせたりできるかどうか確認します。
  • 撮影順序: 雨天に影響を受けやすい撮影を、後の方に回せるかどうか確認します。
  • 予備日: 撮影延期に備えて、予備日を設定しておきます。

2-5.チームやクライアントとの相談

  • 天候対策: 天候対策の内容をチームやクライアントと共有し、意見を募ります。
  • 意思決定: 雨天時の対応を、チームやクライアントと相談して決定しておきます。
  • 柔軟性: 状況に応じて、臨機応変に対応できるようにしておきます。

2-6.その他

  • 雨具: 雨具など、天候対策グッズを準備しておきます。
  • 保険: 万が一に備えて、撮影保険に入っておくことを検討します。
  • コミュニケーション: 撮影に関わる全ての人と、密にコミュニケーションを取っておきます。

3.事前資料準備:撮影シーンを資料にまとめる

撮影をスムーズに進めるために、撮影シーンを事前に資料にまとめておくことは非常に重要です。

資料を共有することで、関係者全員が同じ認識を持ち、効率的に撮影を進めることができます。

3-1.資料に盛り込むべき内容

今回はスチール撮影において記載していますが、動画撮影も同様です。

  1. シーンリスト: 撮影する全てのシーンをリストアップし、それぞれのシーンの概要を簡潔に記載します。
  2. シーン別詳細: 各シーンの詳細内容を記載します。具体的には、以下の項目を盛り込みます。
    • シーンの目的:このシーンで何を伝えたいのかを明確にします。
    • カメラワーク:カメラの動きや構図をイメージ図や文章で説明しておきます。
    • 照明:照明の種類や明るさを指定します。
    • 小道具・衣装:必要な小道具や衣装をリストアップします。
  3. 撮影スケジュール: 撮影シーンの順番と、それぞれのシーンにかかる時間の見積もりを記載します。
  4. ロケハン写真: ロケハンで撮影した写真を資料に添付することで、イメージを共有しやすくなります。
  5. その他: 必要に応じて、イメージ画や絵コンテやラフスケッチなどを添付します。

3-2.資料の活用方法

  • 関係者への共有: 撮影スタッフ、キャスト、クライアントなど、関係者全員に資料を共有します。
  • 打ち合わせ: 資料を基に、撮影前の打ち合わせを行います。
  • 撮影当日の進行: 撮影当日は、資料を参考にしながら撮影を進めます。
  • トラブル対応: トラブルが発生した際、資料を参考にしながら解決策を検討します。

3-3.資料作成のポイント

  • 分かりやすさ: 関係者全員が理解しやすいように、分かりやすく簡潔に記載します。
  • 視覚化: イメージ図や写真などを活用して、視覚的に分かりやすくします。
  • 最新情報の更新: 撮影が進むにつれて、資料の内容を最新の情報に更新します。
  • 共有方法: 共有しやすい形式で資料を作成します。

その他

資料以外にも、撮影前に準備しておくべきものはたくさんあります。事前にしっかりと準備しておくことで、当日の撮影をスムーズに進めることができます。

ロケーション撮影の舞台裏~撮影編~

1.自然の力を取り入れたロケーション撮影

自然の力を取り入れたり、自然光を活かしたロケーション撮影は、作品に独特な雰囲気や奥行きを与え、見る人の心を惹きつける効果があります。
自然環境を巧みに活かすことで、人工的なセットでは表現できないリアリティや感動を生み出すことができます。

・自然の力を取り入れる方法

  • : 風になびく髪の毛や衣服、揺れる木々の葉など、風によって動きのある映像を表現することができます。

  • : 水面や水滴に反射する光、波の動きなど、水によって幻想的な映像を表現することができます。

  • 太陽光: 朝焼けや夕焼け、太陽光が差し込む光と影など、自然光によってドラマチックな映像を表現することができます。

・自然光を活かす方法

  • 時間帯: 早朝や夕方の自然光は、柔らかく温かみのある光であるため、人物撮影や風景撮影に最適です。
  • 天候: 曇りの日は、光が拡散するため、強い影が出ずに自然な光を表現することができます。
  • 場所: 日当たりの良い場所や、木漏れ日が差し込む場所など、自然光が効果的に入る場所を選びます。
  • 反射板: 反射板を使って、自然光を被写体に反射させることで、影を明るくしたり、コントラストを調整したりすることができます。

・自然の力と自然光を活かした撮影の注意点

  • 安全第一: 天候や自然環境の変化に注意し、安全を確保した上で撮影を行います。
  • 自然への配慮: 撮影場所を汚したり、自然環境を破壊したりしないように注意します。
  • 柔軟性: 自然環境は常に変化するため、臨機応変に対応できるように準備しておきましょう。

自然の力と自然光を活かした撮影は、難易度の高い撮影手法ですが、その分、作品に深みを与え、見る人の心を動かすことができます。

2.キャストの笑顔を引き出す:一緒に遊ぶなど