【お悩み解消!】商品撮影を依頼する時の疑問解決! お悩み別プロのアドバイス

 

 

撮影会社の株式会社ラズスタジオです。弊社では日ごろから商品の撮影を行っています。そんな中で

今回のブログは、お客様と接した際に、お客様が気になっていたり、悩んでいらっしゃることを一部紹介します。

  • 「ECサイト用の商品撮影代行依頼しようと悩んでいる」
  • 「撮影業者への相談内容や指示内容をどうしたらいいのかわからない」
  • 「撮影依頼をして本当に大丈夫か心配」

このようなお悩みの方に向けた記事内容となっております。

 

目次

1.頻繁にお客様が気になっている悩み3選

「商品の長所がわかる写真を撮ってくれるのかな」という心配

撮影依頼をする際に、「ポイントや長所」となる部分を指示する場合や、ざっくりと「こう撮って欲しい」とおまかせする場合があります。しかし、指示が漏れたり細かい部分を見逃してしまうと心配です。

この心配を解消するためには、細かな部分もしっかりと撮影できる会社やカメラマンを選ぶことが大切です。例えば、サンダルの撮影の場合、見た目では気づきにくい「バックル裏のゴムの仕様」なども重要なポイントです。カメラマンに明確な指示をすることで、確実に撮影できますが、指示が完璧でない場合や忘れてしまった場合でも、細部に気が付いてくれる信頼できる撮影会社やカメラマンに依頼することで心配は解消されます。

つまり、依頼する際には大まかな部分だけでなく、細かな部分もしっかりと撮影してくれる会社やカメラマンかどうかを確認することが重要です。これによって、心配事が解消され、満足のいく撮影結果を得ることができます。

 

 

 

撮影までのヒアリングの際に気がつく場合もありますし、いざ撮影当日、カメラマンやアシスタントが気づくことで、お客様との二人三脚によって商品の長所の写真が漏れないように撮影できるでしょう。

商品撮影の際は、詳細撮影もとても大切です。

 

ページデザイン、構成のしやすい写真って納品してもらえるのかな

EC販売のページ上では、撮影後より良くデザインを行う加工・編集・文字入れなども欠かせません。

「編集しやすいよう、余白を設けた写真がほしいです」というご要望は担当者でも多いです。

上記でももちろん撮影としては完成なのでしょうが、事前のお打ち合わせで、左側に余白設けたカットも撮影した場合、

画像納品後はこの余白に商品のPRや文字をいれた画像として掲載することができます。

この撮影で重要なのは、「画像納品後はこの余白に商品のPRや文字をいれたい」とカメラマンとのコミュニケーションを通じて使用用途やニーズを明確に伝えることです。これによって、心配事は解消され、クライアントにとって最適な仕上がりの画像が提供されることになります。

 

写真だけで伝わるだろうか

いかにユーザーの興味を惹き付け、魅力のある商品であることを伝えるか担当者や会社としては必須です。

例えばポーチ。画像だけでは、どれぐらいの量が入るのか、写真だけではわかりにくい場合、例えば下記のようなGIF動画の制作や動画は効果的です。

写真だけだったり、説明文章を読む場合に比べても、「こんなにもポーチに入るのだな」ということが、一目見るだけで伝わるのではないでしょうか。

このように、写真だけで伝わるのか心配な場合は、お問い合わせの段階でその不安を正直に打合せを行い進めていけば解決することが多いでしょう。

 

2.具体的なその他の悩み一覧

Q.照明や背景、撮影スペースってどうしたらいいの?

A.商品を魅力的に撮影するためには、適切な照明や背景、撮影スペースが必要です。

ポイントはまず、明るく均一な照明を確保します。自然光や人工照明を使い、明るさと色温度を調整します。次に、商品を際立たせる適切な背景を選びます。クリーンな一色の背景や商品に合ったテーマを選んで、反射や影を最小限に抑えます。撮影スペースも商品のサイズや撮影アングルに合わせて調整しましょう。適切なライティングテクニックや反射板を使って、商品に立体感を与えることができます。これらの要点を押さえることで、適切な撮影環境を実現できます。

 

Q.どのような角度や配置で撮影したらいいの?

A: 商品の特徴や重要なポイントを強調する角度や配置を選びます。

商品の特性や用途に応じて、最も魅力的に見せるアングルを選ぶことが重要です。また、商品の大きさや形状に合わせて、適切な距離や高さで撮影します。商品が全体的に見えるように配置し、必要な場合は拡大や詳細なアップクローズを追加します。商品の魅力を引き出すような配置や角度を選択し、視覚的に興味を引く写真を撮影することが目標です。

 

Q.アクセサリーや小道具の使用、商品の配置や組み合わせについてどうしたらいいの?

A.商品のコンセプトやブランドのイメージに合わせて適切なアクセサリーや小道具を選びます。

商品をより魅力的に見せるために、商品との相性やバランスを考慮します。また、商品の配置や組み合わせも重要です。商品同士の関係性や対比を考えながら、視覚的なバランスやストーリー性を持つ配置や組み合わせを考えます。これにより、商品の特徴を引き立て、魅力的なビジュアルを作り出すことができます。

 

Q.撮影した画像の色合い、明るさ、解像度などの統一したいんですが、、、。

A.白色バランスを調整し、一貫性のある色合いを実現します。照明条件を統一し、明るさと色合いを一致させます。

画像編集ソフトウェアを使用して明るさ、コントラスト、彩度、色相を調整し、統一性を持たせます。カメラ設定を統一し、一貫した撮影結果を得ます。これらのポイントを意識した撮影と画像処理により、色合い、明るさ、解像度の統一を実現できます。

 

Q.商品の本質的な特徴をどのように表現するかに悩んでいるのですが、、、。

A.商品の本質的な特徴を表現するためには、視覚的なアピールや機能の強調、ストーリー、そしてユーザーの視点を考慮することが重要です。

商品の外観やデザインを活かし、特徴を引き立たせる撮影方法を選択します。また、商品の機能や利点を明確に伝えるために効果的な撮影手法を採用し、ストーリーを通じて商品の魅力を伝えます。さらに、ターゲットユーザーのニーズや利益を考慮し、撮影や表現方法を選ぶことで、顧客に訴求力のある表現が可能となります。これらのアプローチを組み合わせながら、商品の本質的な特徴を効果的に表現します。

 

Q.多くの商品を撮影するので、時間と予算の制約があるのですが、、、、。

A.多くの商品を撮影する際の時間と予算の制約に対応するためには、効率的な撮影計画を立てます。

類似した商品をまとめて撮影し、セットアップ時間を節約します。データの管理とバックアップを効率的に行い、必要な機材とアクセサリーを最適化します。チームの協力を活用し、作業を分担します。これらのポイントを考慮しながら、時間と予算の制約の中で効率的に商品撮影を進めることができます。

 

Q.撮影後、画像のレタッチや編集は品質の良い仕上がりを求めていますが大丈夫でしょうか?

A.撮影後の画像レタッチや編集において、画像編集ソフトを使用します。

適度なレタッチ作業を行い、自然さと商品の特徴を損なわないように注意します。解像度やフォーマットを最適化し、出力先や用途に合わせた設定を行います。また、別で専門の編集者に依頼することもあります。このように、品質の高い仕上がりを実現します。

 

Q.撮影スタジオの使用料や機材レンタル、プロカメラマンや編集者の費用など、コスト管理に悩んでいます。予算の範囲内で高品質な商品撮影を実現するために、どの項目に予算を割り当てるか、どこを削減したら良いでしょうか?

必要な項目に重点を置きつつ、削減できる部分を見極めます。適切なバランスを見つけるようにします。

  1. 撮影スタジオの使用料: スタジオの使用料は、品質の高い環境や設備を確保するために重要です。予算の範囲内で最適なスタジオを選び、必要な時間だけ利用するようにします。

  2. 機材レンタル: 機材の選択によって予算を割り当てます。必要最低限の機材をレンタルし、撮影に必要な機能をカバーするようにします。

  3. プロカメラマン: 商品撮影においては、経験豊富なプロカメラマンの技術が品質向上に寄与します。予算の範囲内でプロの技術を活用した方が良いです。また、時間や撮影量に応じた料金交渉やフリーランスの利用も考慮します。

  4. 編集者: 編集作業は品質向上に欠かせない要素ですが、予算に余裕がない場合は自社で基本的な編集を行うことも考慮できます。また、オンラインリソースや編集ソフトウェアの活用によってコストを削減することもできます。

 

 

Q.適切なモデルの選定や、メイクや衣装のコーディネートってどうしたらいいの?

A.商品やブランドのイメージに合ったモデルを選び、関係者でスケジュールを調整します。

モデルのポートフォリオや経験、外見と商品の相性などを考慮し、適切なモデルを選定します。メイクや衣装も商品のイメージに合わせて選び、プロのアドバイスを受けることも大切です。

 

Q.商品の発売日やプロモーションの予定が決まっていて急いでいます!!!

A.撮影計画を立ててスケジュールを設定し、商品の優先順位を決めて撮影を進めます。

チームとのコミュニケーションを密にし、レタッチや編集作業を効率化します。最後に、納品と公開の準備を行います。こ