【撮影時間】商品撮影・1商品あたりの撮影時間の目安について

央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影業を行っております株式会社ラズスタジオのカメラマンの綾です。

商品撮影代行の依頼のお打ち合わせの中でよせられる質問のひとつに、1商品あたりの撮影時間についてがあります。

被写体によってさまざまなですし、モデル撮影や単品撮影、イメージカット撮影など希望する撮影内容によって、撮影時間は大きく異なるのが前提なのですが、お客様のなかには

  • どれぐらいの点数の撮影が行えるのか
  • 1商品あたりの撮影単価を算出したい

といったことから、撮影時間というものは担当者が気になる内容の一つかと思います。

 

また、シチュエーションのセッティングを行う場合、そのセッティング時間も撮影時間に含まれていることから、商品撮影においては時間・クオリティ・コスト面などのポイントから何を優先するのかを、またはどのような希望があるのか、撮影前の打合せで明確にしておくことで、スムーズかつ的確に行うことができます。

モデル撮影は10分~15分

モデル撮影では主に

  • モデルの衣装チェンジの時間(3分~5分)
  • シチュエーションのセッティング時間(3分~5分)
  • 撮影時間(5分~10分)

が含まれることから、目安として10~15分が目安と言えます。

撮影時間については、撮影を希望するカットの種類(全身、上半身、アップなど)に撮影すべき内容によって変動します。

また、初めての撮影の場合、撮影スタートの1商品目のほうがニュアンスや感覚認識をまだ確認ができていないことから1商品目、2商品目については時間をプラスしていただくことを想定すればよいかと思います。

逆に、撮影に慣れてきた後半になるにつれ、ニュアンスや感覚が共有できていることから、予定よりも時間が短縮し進むことも多々あると考えていただいても大丈夫です。

モデル撮影事例① 白背景・全身撮影の場合…1商品あたり7分~10分

モデル撮影事例② シチュエーションセッティング・様々なアングルでの場合…1商品あたり10分~15分

 

※この時間目安は、モニターなどで撮影画像の確認を行う時間も含まれております。モニターでの確認なしに進行する場合もあり、その場合はより早く撮影を進めることもできます。

 

商品撮影(物撮り)は10分~25分

商品撮影では、

  • 商品の成形(5分~15分)
  • 撮影時間(5分~10分)
  • 光沢・反射物撮影時のライティングセット時間(10分~20分)

が含まれます。

撮影している時間よりも、商品成形の時間が必要なことから、商品整形の難易度によっておおきく撮影時間が変動します。

商品撮影(物撮り)事例① 白背景・テーブル置き撮りの場合…10分

補足:同じ配置のままの詳細カット…3分

商品撮影(物撮り)事例② 白背景・化粧品の場合…25分

 

商品撮影(物撮り)事例③ 白背景・アパレル俯瞰撮影の場合…15分~20分

 

 

商品撮影(物撮り)事例④ 白背景・光物・反射物撮影の場合…15分~25分

光り物・反射物の場合はは、照明や室内の映り込みを防ぐためのオリジナルのセッティングを組み立てる時間が必要となります。

ラズスタジオでは、光物や反射物の場合、1商品あたり30分~45分を頂戴することもございます。

 

商品撮影(物撮り)事例⑤ 光沢物・電化製品・家電商品など…30分~45分

 

 

 

 

イメージカットは30分~45分

イメージカット撮影では、

  • 商品の成形・シチュエーションセッティング(25分~35分)
  • 撮影時間(5分~10分)

が含まれます。

飾りや、背景小物、商品自体のバランスといった商品成形・シチュエーションのセッティングが必要となるのが、イメージカットの特徴と言えます。

イメージカット事例① アパレル雑貨・下着(アンダーウェア)…30分~45分

イメージカット事例② 食品・飲食物など…30分~45分

 

まとめ

ラズスタジオにおける必要な撮影時間を参考として時間を目安解説いたしました。

被写体が光沢物・反射物であることや、シチュエーションをこだわると、撮影前の準備に時間がかかります

 

商品撮影においてはどんぐらいの時間がかかるのか事前に把握をしておくことで、カメラマンとの打ち合わせはもちろん、当日の撮影の進行がスムーズに行えると思います。

 

この記事が是非参考になれば幸いです。

 

 

↓大阪市・本町で撮影代行の依頼が可能な撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO HPはこちらをタップ
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

お問合せ・お見積りのご依頼はこちら↓

 

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzz_studio

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

 

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2022.05.31最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。