意外と知らない“カポック”についてわかりやすく解説!!【使い方~撮影事例まで】

カポックについて

みなさまこんにちは。大阪本町撮影スタジオLUZZ STUDIOの店長・綾です。

本日のブログは、当スタジオの無料貸出機材のカポックについて解説します。

カポックとは、スチール・ムービー撮影のどちらでも使える撮影補助の道具です。光を拡散させたり、逆に光の拡散を抑えたり、光を遮るなど、様々な光の調整に使用します。

どういった使い方をするのか意外とわからなかったり、どういう効果があるのかわからなかったりしていませんか?

この記事では、そんなカポックの使い方から撮影事例までを解説します。

1.カポックとは

カポックの写真

カポックの特徴としては、

  1. 大きなサイズの板
  2. 白と黒の2面作り
  3. 360度開閉できる。

の3つが挙げられます。

LUZZ STUDIOにあるカポックは発砲スチロール製です。他にもべニア板等で作られているものなど材質はさまざまありますが、発泡スチロールなので移動が簡単に行えるメリットがあります。

1-1.カポックはレフ板の一種。大きいレフ板です。

カポックはその大きなサイズから、通常のレフ板では光を届けづらい、全身撮影などの人物撮影まで幅広く活用できます。

撮影においての”板”と聞くと、「レフ板」を連想される方が多くいらっしゃいませんか?

まさにその通りで、カポックはレフ板の一種です。(スタジオによってはカポックをレフ板と呼ぶところもあります。)

通常のレフ板は折りたためるなどの、持ち運びのしやすさがありますが、カポックは折りたためない分、サイズを優先させています。大きな四角形のレフ板とも言えます。

LUZZ STUDIOのカポックは高さ180㎝、横90㎝、幅3㎝の発砲スチロールの板を2枚つなぎ合わせており、とても大きなサイズの板です。

高さが180㎝もあるため、一般的なレフ板では覆いつくせないような人物の頭の先から靴のつま先までもしっかりと覆うことができます。

1-2.カポックは表が白、裏が黒。両面使用します。

カポックは一般的に表が白で塗装され、裏が黒で塗装されています。

それぞれが撮影の印象を変えるため、両面を撮影シーンに合わせて使用します。

このように360度回転することができるので、白を内側にしたり、黒を内側にすることが可能です。

①白の面で光を反射させることで光を拡散、柔らかくすることができます。

光を拡散、柔らかくすると、人物の肌の凹凸を滑らかに映し出し、美しくみせます。

②黒の面で光を反射させると、光の拡散を抑え、コントラストを強調できます。

コントラストを強調するということは、被写体を立体的に映し出し、印象を強く見せます。

1-3.カポックは360度、お好きな角度に調整して使えます。

カポックの角度調整を行うことで、映し出す光の角度に変化をもたらすことができます。

V字型や、L字型に設置することが可能でです。したがって、例えば被写体に差し込ませる光の角度を人為的に調整することができます。

2.カポックの使い方

カポックの収納状態の写真

LUZZ STUDIOではカポックはこのように外側を黒にして壁に立てかけています。

(普段は黒の部屋にあります。)

カポックの写真

LUZZ STUDIOのカポックはV字型やL字型にセットし、自立させて使用します。

I字型(180度)の状態で日除けにも使用できます。

3.カポックを使った撮影事例。

カポックを使用した撮影事例を紹介してまいります。

違いを分かりやすくするため、2つのカポックを被写体の両サイドにそれぞれ設置しました。

照明は定常光ライトを使用します。明るさ固定です。

カメラの設定はマニュアル設定にて、全て同じ設定にて撮影を行いました。

3-1.カポックの白の面は光を拡散させて、印象を明るくする。

カポックの白を内側にした写真

カポックの内側を白にした場合です。

カポックの白の面は、光を拡散させ、全体的により明るい印象にできます。

<カポックなしで撮影をした写真>

カポックなしの写真

<カポックあり(被写体側が白)で撮影をした写真>

カポックを内側白で撮影した写真

カポックなしの状態に比べて、全体的に明るく、人物としても明るい印象です。

カポックの白の面に反射した光が、肌の凹凸で発生しているかすかな影を照らしてくれているからです。

肌をきれいに、印象を明るく見せたい場合や、あまり影を乗せたくないコスプレなどの撮影におすすめです。

3-2.カポックは黒の面で光の拡散を抑えて、立体的な印象に

カポックの内側を黒にした写真

カポックの内側を黒にした場合です。

カポックの黒の面は、光の拡散を抑えさせ、影や輪郭を強調し、立体的な印象にできます。

<カポックなしで撮影をした写真>

カポックなしの写真

<カポックあり(被写体側が黒)で撮影をした写真>

カポックの黒を内側にして撮影した写真

カポックなしの状態に比べ、白色のトップスの輪郭が浮き上がり、服のシワに浮かぶ影もシャープに見せることで、被写体が引き締まり、立体的に見えます。

輪郭を強調させたい男性のお写真や、コントラストの効いたお写真を撮影する際などにおすすめです。

3-3.カポックは自然光を遮断する壁や囲いになる。

自然光スタジオならではの使い方ですが、窓から差し込む自然光を遮りたい場合に、壁や囲いとなって、光を遮断する役割も担ってくれます。

<カポックなしの状態>

自然光差し込むスタジオの写真

<カポックで壁を作り、光を遮断する>

カポックでスタジオに差し込む自然光を遮っている写真

被写体を取り囲むように光を遮断しました。

写真では全体を遮っていますが、状況にあわせてカポックを動かしたり、角度をつけることで、差し込む角度・範囲を調整することができます。

4.<応用編>カポックを使って、人工的な自然光を作る。

光を遮断する方法の応用編として、照明と組み合わせて光の筋を作ることができます。

カポックで照明の光を遮り、強い光を表現した写真

光を遮り、一本の光の道筋を作っています。

カポックで照明の光の角度を調整した写真

撮影の際のカポックはこのような状態です。

より詳しい撮影方法については下記の記事にて解説しています。是非ご参考に!

LUZZ STUDIOのWHITE ROOM(真っ白な部屋)でのポートレート写真撮影事例。(自然光&ストロボ1灯)

5.まとめ

カポックの写真カポックは、大きなレフ板として、撮影時の光を様々な用途に操ることができます。

表は白で、裏は黒。両面使用でき、それぞれで写真の印象を変えることができます。

カポック使用未使用の比較画像

白の面は光を拡散し、明るく美しい写真に仕上げます。黒の面は光の拡散を抑え、コントラストの効いた写真に仕上げます。

カポックでスタジオに差し込む自然光を遮っている写真

角度を調整し、光の差し込み具合を調整することができます。

意外と知らず、「スタジオにおいてある大きな板…」と見過ごされがちなカポックですが、一度撮影で使うとその便利さから、簡単には手放せなくなる重要なアイテムになること間違いないです。

是非LUZZ STUDIOをはじめ、撮影スタジオでカポックを見かけた場合は是非使ってみてくださいませ!!

↓今回の撮影スタジオはこちら↓

〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

感染症対策のもと営業中

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。