【スニーカー・シューズ・靴】モデル撮影とイメージ撮影|撮影会社の事例紹介

 

撮影会社、(株)ラズスタジオです。

スニーカーやシューズは、ファッションの重要なアイテムです。SNSやECサイトでスニーカーやシューズの写真をアップする際には、より魅力的に見せたいものです。

本記事では、スニーカーやシューズの撮影をワンランクアップさせるアイディアや撮影事例をご紹介します。

 

1.モデル撮影事例

撮影場所 上記

大阪本町・レンタル撮影スタジオ|LUZZ STUDIO(ラズスタジオ)

 

撮影場所 上記

工場

 

撮影場所 上記

滋賀県長浜市

       

撮影場所 上記

大阪府大阪市内

撮影場所 上記

A8 LUZZ STUDIO

 

2.物撮り撮影、イメージ撮影事例

 

 

3.ラズスタジオの撮影のこだわり

ブランドのアイデンティティを反映させる

スニーカーブランドには各々、独自のアイデンティティやスタイルがあります。

商品の撮影においては、そのブランドの特徴や価値観を写真に反映させています。

例えば、特徴的なデザインやカラーを引き立たせたりすることで、ブランドのアイデンティティを鮮明に表現できワンランク上のアイディアで撮影するようにしています。

購買層、お客様を考慮する

スニーカーブランドは特定のお客様に向けて商品を提供しています。

撮影においては、そのターゲットの好みやライフスタイルを考慮し撮影アイディアを絞っています。

例えば、若年層をターゲットにしている場合は、トレンディでエネルギッシュなスタイルを採用することが効果的な訴求になっていいます。

一方、大人向けのスニーカーブランドでは、洗練された雰囲気や高級感を演出するなどお客様によって考慮した撮影を行っています。

ストーリーを意識する

スニーカーブランドは商品を通じてストーリーを伝えることがあります。写真においても、商品の使用シーンや背景を通じてブランドストーリーを活用することができます。

ブランドの歴史も参考にしながら、

スニーカーの使い道やコンセプトに合わせたストーリーを作り出し、スニーカーがどのようなシーンで活躍するかを表現することで、顧客に商品の魅力と使い方を想像させるようにしています。

 

ブランドのカラーやデザインを考慮しながら、背景や小道具を活用して、イメージしてもらっています。

 

インフルエンサーとのコラボ

スニーカーブランドの写真戦略においては、インフルエンサーとのコラボレーションも有効です。有名なインフルエンサーやスニーカー愛好家とのコラボレーションによって、商品の認知度や信頼性を高めることができます。

彼らがスニーカーを着用し、自身のスタイルや個性を反映させた写真を共有することで、より広い範囲の視聴者にブランドをアピールすることができます。こういったこともアイディアの1つで