2024年の商品撮影トレンドをチェック|集客力のあるショップ作り

スマホの普及を発端に、ネットショップ撮影のトレンドも毎年変化しています。

今回は人気を集めている事例を元に、最新のトレンドをチェックしていきます。

1.EC、ネットショップの店舗増減

出典元:https://www.meti.go.jp/policy/it_policy/statistics/outlook/ie_outlook.html
経済産業省「令和元年度 電子商取引に関する市場調査」

表の通り、2018年から2023年までの5年間で、ネットショップ店舗数は約225万店舗増加しました。この増加の背景には、以下の要因が挙げられます。

  • スマートフォンの普及によるEC利用の拡大
  • コロナ禍による通販の需要の拡大
  • 政府によるオンライン化推進の政策

今後も、EC利用の拡大や、新しい販売方法の開発などによって、ネットショップ店舗数はさらに増加していくと予想されます。

一方で、

出典元:帝国データバンク 2023年12月末時点の調査結果

表の通り、2018年から2023年までの5年間で、ネットショップ店舗の閉店数は上記にのぼりました。
この増加の背景には、以下の要因が挙げられます。

  • 競争の激化による淘汰
  • コロナ禍による巣ごもり需要の縮小(リアルショップへ行く方も戻った)
  • インフレによる購買意欲の低下

今後も、EC市場の拡大に伴って、競争がさらに激化していくことが予想されます。
そのため、ネットショップ事業者は、差別化や顧客満足度の向上など、
競争力を高めるための取り組みが必要になると考えられます。

閉店数の合計は、2018年から2023年までの5年間で約32.5万件となっており、
ネットショップ店舗数の増加数である約225万店舗の14.4%に相当します。

これは、ネットショップ市場の拡大に伴って、競争が激化し、淘汰が進んでいることを示しています。

2.商品撮影のトレンドとは?

上記で触れたようにうまく集客できず閉業せざるを得ないショップも少なくありません。
以下のポイントを抑えた商品撮影を行いましょう。

2-1.商品の魅力を最大限に引き出す

商品の特徴や魅力をしっかりと伝えることが、商品撮影の目的です。

そのため、商品のサイズや形状、質感、色合いなどを、正確かつ美しく表現することが重要です。
また、商品の使い方や使用シーンをイメージさせるような撮影も効果的です。 

参考:https://www.luzzstudio.com/blog/shootingex/4025/

2-2.自然な印象を与える

商品撮影は、商品の魅力を最大限に引き出すことが重要ですが、
過度な加工や演出は避け、自然な印象を与えることが大切です。

そのため、光やアングルなどの調整にこだわり、商品本来の美しさを表現しましょう。

参照:https://www.luzzstudio.com/blog/shootingex/4024/

2-3.SNSで映えるようなデザイン

近年は、SNSでの販売やプロモーションの需要が高まっています。
そのため、SNSで映えるようなデザインの商品撮影が求められています。

例えば、シンプルでスタイリッシュなデザインや、遊び心のあるデザインなどが人気です。

参照:https://www.luzzstudio.com/blog/shootingex/4026/

2-4.動画撮影の活用

近年は、商品の魅力をより伝えるために、動画撮影の活用が進んでいます。

動画では、商品の動きや使用感などを、よりリアルに表現することができます。
また、商品のストーリーや世界観を伝えることも可能です。 

参照 記事内・動画撮影
https://www.luzzstudio.com/blog/dentalcareproducts-shooting/

2-5.サステナビリティのあるスタジオで撮影

自然光を活かした撮影

自然光は、電気照明に比べて環境負荷が低いため、サステナビリティの観点から注目されています。自然光を活かした撮影は、商品の色合いや質感を自然に表現できるというメリットもあります。

リユースやリサイクル可能な素材の使用

スタジオの背景