【背景をグレーにする撮影方法】白ホリゾント(白背景・白壁)グレーバックにする撮り方解説、ライティングテクニック

2022年8月23日更新 リンク修正

こんにちは、株式会社ラズスタジオのカメラマンの綾です。

プロフィール撮影や、オーディション撮影から、ポートレート撮影、モデル撮影などの撮影で使われる白ホリゾント、白背景、

しかし、白の背景としての撮影しかできないため、撮影のレパートリーが少ない…なんて思っていませんか?

今回のブログでは、白ホリゾントや白背景の場所で、ライティングを活用して背景をグレーするライティング方法と撮り方を解説します!

白背景の場所で撮影したとは思えない、背景をグレーにした撮影ができます。やり方や方法も一度覚えてしまえば簡単なので、ぜひご覧くださいませ。

1.白ホリ(白壁)の背景をグレーにするために使用する撮影機材

今回の撮影で使用する撮影機材はコチラ

・モノブロックストロボ x 1灯

モノブロックストロボ

・ソフトボックス(グリッド取り外し可能なもの)/今回は60㎝ x 90㎝を使用

ソフトボックス(グリッド取り外し可能なもの)

・カポック

カポック

以上です。

モノブロックストロボは、クリップオンストロボでも代用可能です。そこそこの光量で、瞬発光で光れば、問題ありません。

ソフトボックスはグリッドが使えればOKです。サイズは被写体に合わせてくださいませ。

2.今回の白ホリ(白壁)の背景をグレーにする撮影環境

今回の撮影場所は LUZZ STUDIOの白部屋です。こちらは弊社でレンタルで貸し出しているスタジオの一つです。

LUZZ STUDIOの白部屋

この白壁を背景に、背景をライティングで変化させていきます!

(レンタルスタジオのURL 参照→ https://luzz-studio.com/ )

3.グレー背景を撮影する際のカメラ設定のポイント

カメラの設定は下記を目安に設定してください。

ISO ・・・ISO100~200辺り(設定できるISO値の最小値)

F値(絞り)・・・F8.0~F10辺り

シャッタースピード・・・1/125~1/200辺り

これらの数値のベースとなる考え方は「ストロボの光以外をカメラに感知させない」です。ストロボ以外の光を感知してしまうと、今回の目的である背景をグレーにできなくなってしまうからです。

グレーになるということは、「光が当たっているところと、当たっていないところの差が生まれている」ということのため、「カメラにはストロボ以外の光を認知させない」という考えをベースに設定を行います。

ISOをISO100~200辺りに設定するのは、感度を低くするためです。

感度を高くすると、ストロボ以外の光を感知してしまいます。そのため、ISOを低くすることで、ストロボ以外の光を感知させないのが目的です。カメラが設定できる低いISOの数値を目安に設定、調整を行ってください。

F値をF8.0~F10辺りに設定するのは、取り込む光の量を標準にするためです。

F1.8やF5.6辺りの解放値と呼ばれる数値に設定すると、光の取り込む量が多くなります。F8.0~F10辺りを目安に設定・調整を行ってください。

シャッタースピードを1/125~1/200辺りに設定するのは、光を取り込む時間を長くしすぎないためです。

1/50などの光を取り込む時間を長くしてしまうと、うまくいきません。1/125~1/200辺りを目安に設定・調整を行ってください。

4.白ホリ(白壁)でのグレーバックの撮り方実践

今回は観葉植物を被写体として撮影してまいります!

では、早速実践してまいります。

4-1.白背景撮影

まずはベースとなる白壁背景のままの撮影 。

この白背景写真をベースにどのように、ライティングを変え、変化していくかの検証写真となります。

ISO 100 / F値9.0 / シャッタースピード1/160 / ストロボ光量1/2

照明とカメラの位置は下記通り。

<撮影者側>

照明とカメラの位置<撮影者側>

<サイド側>

この配置は被写体が壁に比較的近いです。壁から30㎝程の距離になっています。

このセッティングを、 2点 変更するだけで下記のような、白壁なのにグレー背景の写真を撮影することが可能です。

白壁なのにグレー背景の写真

その方法について解説します。

4-2.グレー背景撮影(被写体を壁から離し、ソフトボックスの角度を調整)

ISO 100 / F値9.0 / シャッタースピード1/160 / ストロボ光量1/2

今回変更したのは、全体的な位置とソフトボックスの角度を変更いたしました。

カメラの設定は変更しておりません。

そのお写真がこちら↓

<撮影者側>

照明の位置とソフトボックスの角度を変更した写真<撮影者側>

<サイド側>

照明の位置とソフトボックスの角度を変更した写真<サイド側>

先ほどの白背景撮影からの変更点は2点あります。

1つ目は、被写体とが壁から離れています。壁から約2ⅿ程。カメラ照明も合わせて平行に移動しています。

2つ目