【写真撮影依頼】ファイル形式 JPEGを 推奨する理由について解説します

大阪市中央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

ラズスタジオでは、商品撮影等の各種撮影を承っております。

このブログは、各種企業様の広報やページ制作、デザイン業務に携わっているご担当者様が外部カメラマンに撮影依頼を検討している方に向けたブログとなっております。

今回のブログでは、写真データの納品形式についてお悩みの方に向けた、当社の事例をベースに、それぞれの特徴についてにご説明してまいります。

1.ラズスタジオでは基本的にJPEG納品を推奨しております。

まず結論として、当社では、JPEGでの納品形式を推奨、ご案内させていただいております。

例えば、

PC、スマートフォンなど、機種や環境問わず閲覧・使用・編集が可能

納品されたデータを社内で共有利用することが多くなっている中で、

PCだけでなく、スマートフォンなど、使用する機器、OSが異なる場合でも、

特別なソフトを必要とすることなく、データの閲覧や使用、編集を行うことができます。

スマートフォンのカメラの保存形式もJPEGが起用されていることから、その汎用性はご納得いただけるかと存じ上げます。

データ容量を抑えながら、画質をキープします

JPGEはグラデーションの色味を再現することを得意としたデータ形式の為、写真の綺麗さの特徴である絶妙な色の移り変わりを表示させることができます。

そのうえ、JPEGとして必要ではないデータは”圧縮”という形で自動的に除外されることで、データ容量を抑えながらも、綺麗な画質を保つことができる、バランスの良いデータといえます。

特に、オンラインショップページ掲載用であれば、

  • データ容量を抑えることでページの表示速度の向上
  • 綺麗な画像を掲載することでわかりやすく伝わる商品画像の提供

といった2つの点から、オンラインショップを利用するお客様のユーザーエクスペリエンスの向上が見込まれることから、基本的に推奨されている画像フォーマットです。

WEBページや印刷物にも使用が可能

編集や加工を入れずとも、そのデータのままWEBページや印刷物に使用することが可能です。

 

このようなポイントから、ラズスタジオではJPEGでの納品を推奨させていただいております。

2.JPEG納品以外のご提案もさせていただいております

JPEG形式以外の納品につきましても、お客様との打ち合わせの元、柔軟に対応させていただいております。

例えば、

「商品撮影で背景を透明にしてほしい」

このようなお客様には、 PNG形式 をご提案しております。

PNG(ピング)はおもにデジタルデバイス向けに使用される画像形式です。

一番の特徴は、背景を透過させることができ、そのままのデータでWEBページへの掲載、社内プレゼンテーションなどの資料に掲載することが可能です。

「パッケージデザインや広告デザインの為、色味補正が可能な写真が必要なのですが」

このようなお客様には、TIFF形式 をご提案しております。

TIFFは編集を行っても、データの劣化が起きないので、様々なデザインや用途に使用する写真に適した保存形式となります。印刷業者や編集者、DTPデザイナーなど、画像データを専門的に扱ったことのある方にとっては幅広く使用されているデータ形式です。

ただしTIFFには

  • TIFFのままWEB上などでに掲載することができない
  • データ容量が重い(目安として、JPEGデータの約30倍以上のデータ容量になります)
  • 非対応のパソコンだと、プレビューすら閲覧できない
  • TIFFを扱える画像編集ソフトが必要

といったデメリット内容があることから、環境・条件が整っていることを必ず確認、ご相談させていただき納品対応させていただいております。

 

このように、

事前にお客様のご要望・内容をお聞かせ頂いた上で、JPEG以外の納品データのご提案や枚数のご相談を柔軟に行わさせていただいております。

JPEG以外のファイル形式について詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧になってみてください。

【撮影写真の納品形式】5つのファイル形式と2つのカラー形式をご紹介

2形式以上の納品をご希望の場合

ラズスタジオの撮影プランでは、原則として1形式のみの納品とさせていただいております。

そのうえで、2形式以上の場合は、事前に納品形式のお打ち合わせの元、別途費用にて承っております。
(例えば、JPEGデータとセレクトした一部TIFFデータなど)

4.まとめ

  • 基本的に、写真の納品形式はJPEGを推奨
  • RAWデータでの納品は、閲覧や使用するためには知識や技術、環境が必要など、オーバースペックとなるため非推奨

例えば、昨今で増加している、オンラインショップへの掲載といったWEB掲載案件でバリエーション豊富に複数枚の写真が必要といったお客様には、JPEGでの納品を推奨しております。

 

4.写真撮影依頼でお困りの方は是非ラズスタジオまでご相談くださいませ

写真一つとっても、今回ご紹介したJPEGなど、様々な保存形式がある中で、

ラズスタジオの撮影プランでは、丁寧なヒアリングをもとに、お客様の利用用途、環境に応じた納品形式のご提案を柔軟に行わさせていただいております。

「詳しいことがわからないけれど、本当にこの納品形式で大丈夫なのか不安…」

といった方には、なぜそのファイル形式なのかという内容を丁寧にご説明させていただいたうえで納品をさせていただいております。

自分にあった納品形式にご不明点が有りましたら、ご依頼の際にご遠慮なく、ご相談くださいませ。

 

是非、このブログが、撮影依頼に関するデータ形式のお悩みの解決や、依頼をするきっかけとなれば幸いです。

 

↓大阪市で様々な撮影のご依頼はラズスタジオまで↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

↓そのほかお問合せはこちら↓www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました。

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2022.05.31最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。