ロケ撮影で成功するために必要な5つのポイントをプロカメラマンが解説します。|商品PR等の企業向け

大阪・本町にあります、撮影会社、株式会社ラズスタジオです。

商品PRや広告撮影など、さまざまな案件や内容により行われるロケ撮影は、写真を見たユーザーにインパクトや興味を与えることができる撮影方法のひとつですが、

成功するためにはいくつかのポイントがあります。

 

今回は、そんなロケ撮影において、特に悩まれているとお聞きする、

  • 「イメージしているターゲットに対して訴求できるかどうか」
  • 「場所の選定方法」
  • 「撮影許可の取り方」
  • 「モデルの選定」
  • 「スケジュールの決め方」

の5つの内容について、ロケ撮影を専門としたプロカメラマンが解説します。

 

①ターゲットに訴求するためには

ロケ撮影で成功するためには、イメージしているターゲットに対して訴求することが最も重要です。

 

まずは、ターゲット層の属性や嗜好を分析し、撮影に取り入れるべき要素を把握しましょう。

 

例えば、こちらの写真の場合

【ターゲット層:20代後半~】

【属性:ファッションが好き、シンプルながらトレンドを取り入れたコーディネートを好む。】

【嗜好:プライベートでは、おしゃれなカフェ巡りが趣味。移動手段は主に電車、徒歩のため、スニーカーでお出かけをする。】

 

こういった属性や嗜好を想定しています。

 

また、ターゲット層が興味を持ちそうな場所やシチュエーションをシーズントレンドを参考にしながら探しだし、

撮影に取り入れることで、より一層ターゲットに訴求することができます。

 

②ロケ場所の選定

ロケ撮影では、場所の選定が非常に重要です。

 

まずは、撮影に適したロケーションを探し、ロケハンを行うといいでしょう。

 

撮影場所のロケハンには、雰囲気や背景のほかにも、

アクセスのしやすさや人通りの多さを考慮し、

許可申請先の確認などを怠らないようにするなど、慎重に選定する必要があります。

 

また、ターゲットに訴求する要素がある場所を含めた選定することで、より魅力的な写真に仕上がるでしょう。

 

先ほどの、

【ターゲット層:20代後半~】

【属性:ファッションが好き、シンプルながらトレンドを取り入れたコーディネートを好む。】

【嗜好:プライベートでは、おしゃれなカフェ巡りが趣味。移動手段は主に電車、徒歩のため、スニーカーでお出かけをする。】

 

このペルソナ像の中に、「おしゃれなカフェ巡りが趣味」を挙げていることから

カフェでの撮影を行うことで、より効果的であることが考えられます。

 

 

このように、ターゲットに訴求する要素の場所を見定めることで、より魅力的な撮影となるでしょう。

 

撮影場所を選定する際には、撮影許可や費用がどれぐらい必要かどうかなどを十分に調べ、費用や期間を見積もることが必要です。

 

また、撮影場所によっては、許可申請、取得が必要な場合もあります。次に説明していきます。

 

③撮影許可

ロケ撮影を行う場合、その場所を管理する事業や団体、市町村への撮影許可を取得する必要があります。

 

例えば、先ほどのカフェでの撮影など、

実際に営業されている店舗での撮影を検討している場合は、できるだけ早い時期に店舗への許可申請・連絡を行うことが必要です。

 

撮影内容やスケジュールによっては、営業時間外での対応といった、イレギュラーな対応をしていただく場合があるため、

事前に撮影可能かを問い合わせることはもちろん、慎重かつ丁寧に許可申請を行うことが必要といえます。

 

カフェ以外にも、公園や特定の施設などでの撮影においても

撮影する場所の管理者や所有者、自治体など、関係する団体や個人がかかわっていますので、

 

まずは、撮影を希望する場所の情報を収集し、撮影を検討している旨を伝えましょう。

 

撮影許可を取得する場合、

 

  • 撮影の日時
  • 撮影の目的、内容
  • 撮影した写真の使用用途
  • 撮影スタッフのおおよその人数

 

これらの内容を明確に伝えることが必要です。

上記以外にも、撮影に使用する機材や車両ねど、必要に応じての細やかな情報共有を行い

事前に許可を得ましょう。

 

万が一、撮影許可がない場合、罰金や刑事罰が科される場合がありますので、注意が必要です。

 

許可が下りた場合は、必要な手続きを行い、撮影を行えます。

 

許可の取得には時間がかかることもありますので、撮影の予定日程を決める際には、余裕を持って計画するようにしましょう。

 

④モデルの選定

ロケ撮影では、モデルの選定も重要なポイントの1つです。

 

モデルは、商品やサービスを宣伝する際に、より一層のメッセージ性を持たせることのできる魅力的な要素の一つだからです。

モデルの選定方法は様々ありますが、主な考え方や方法について3つ、ご紹介します。

 

①購買ターゲットとイメージが合うモデルを選ぶ

ターゲットが求めるイメージに合ったモデルを選ぶことが重要です。

例えば、若年層をターゲットにした場合は、年齢層やファッションセンスが合うモデルを選ぶ必要がありますし、

ファッションをテーマにした撮影であれば、ファッションに特化したおしゃれなモデルを起用すると良いでしょう。

②モデルの経験やスキルを考慮する

モデルの経験やスキルも選定のポイントとなります。

撮影現場でのスムーズな動きや、ポーズをとる能力があるモデルを選ぶことで、撮影時間を短縮することができます。

撮影時間を短縮することで費用を抑えることにもつながるためです。

また、商品やサービスに対する理解、興味があるモデルを選ぶことで、より自然な表情や動きを引き出すこともできます。

 

③モデルのキャスティングを依頼する

モデルを手配ができない、どうやって探せばいいのわからない、といった場合は、専門業者にキャスティングを依頼をしましょう。

専門の業者にモデルの選定を依頼することで、豊富なモデルのなかからより最適なモデルを選ぶことができます。

キャスティングには費用がかかりますが、手間や時間を抑えて効率的に最適なモデル選定を行うことができるでしょう。

 

これらのポイントや方法を用いて、最適なモデルを選定するといいでしょう。

⑤撮影スケジュールと天候予備日の設定

ロケ撮影は、天候や季節などに大きく左右されます。そのため、撮影する前にスケジュールを立てることが非常に重要です。

 

スケジュールを立てる際には、

  • 天候や季節
  • 場所によるアクセス状況 など

 

について撮影内容を考慮しすることが必要です。

 

また、天候が悪く、撮影が行えなかった場合に備え、天候予備日を設けることが大切です。

 

天気が悪くなった場合を想定し、天候予備日を事前に設けておくことによって、直前のトラブルにも迅速に対応することができるでしょう。

 

 

そのほか余談ですが

【スタッフの選定】

ロケ撮影には、撮影スタッフだけでなく、現地での手配や設備、機材なども必要になります。

そのため、スタッフの選定も重要なポイントの一つです。

 

撮影スタッフの選定については、撮影の目的や予算、スタッフのスキルなどを考慮し、必要なスタッフを選定することが大切です。

 

また、現地での手配や設備、機材なども必要になるため、必要なものを事前にリストアップし、早めに手配をしておくことが重要です。

【まとめ】

ターゲットを明確にし、

撮影場所の選定やスケジュールの立て方、スタッフの選定、撮影の流れ、コストの抑え方などを考慮する必要があります。

これらをしっかりと把握し、実践することで、効果的なロケ撮影となることでしょう。

 

ロケ撮影は、自然や風景を取り入れた撮影を行うことができ、視聴者に強い印象を与えることができます。

場所によっては、イメージ戦略に繋がり、広告効果を高めることができます。

その反面、撮影場所や天候、環境によっては制約が多く、費用もスタジオ撮影よりも高くなる傾向があるため、

事前の準備と慎重な検討が必要です。

 

目的やターゲットに合わせて、適切な撮影方法を選択し、柔軟な対応と事前の準備を行うことが、ロケ撮影の成功につながります。

 

株式会社ラズスタジオへの撮影の問い合わせ・ご依頼は

希望している撮影内容で依頼が可能かご不安な方や、気になること質問など、

お見積り前のご相談・ご質問はお問合せフォーム(新しいタブで開きます)よりご連絡くださいませ。

 

すでに、撮影依頼や詳細が決まっている場合は、撮影代行お見積りフォーム(新しいタブで開きます)

より、必要事項をご記入いただき、ご連絡くださいませ。