カラーフィルター撮影時の「色の選び方」について、色相環に基づいた方法をご紹介!


大阪市中央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

今回のブログは、カラーフィルター撮影における色の選び方について、色相環に基づく方法についてご紹介してまいります。

カラーフィルターを使用すると、普通の撮影では考えられないような、アーティスティックな写真に仕上がるとして、人気の撮影方法の一つです。
また、白ホリゾントや黒ホリゾント等、シチュエーションの無い撮影スポットにおいては、撮影の幅が広がる方法として覚えておいて損はない撮影方法です。

そんなカラーフィルターを使用した撮影画像を参考にしながら、よりオシャレにアーティスティックな仕上がりの鍵を握る「色の組み合わせ」についての考え方について「色相環」を基に解説してまいります。

1.カラーフィルターがもたらす撮影効果について

まずは、カラーフィルターなしの参考画像をご覧ください。

〈カラーフィルターなし〉

LUZZ STUDIOの白い部屋で撮影を行いました。
この写真の雰囲気ももちろんいいのですが、少し工夫を凝らしたいと思い、照明にカラーフィルターを装着しました。

〈カラーフィルター ピンク〉

ただ、照明にカラーフィルターを使用しただけで、写真そのもののイメージがガラリと変わりました。ピンクのカラーが、バルーンの可愛らしさと相まって、キュートな雰囲気がより伝わっているのではないかと思います。

同じ場所、シーンでさらに1灯カラーフィルターを追加します。

〈カラーフィルター ピンク×青〉

青色のカラーフィルターを装着した照明を1灯増やしました。ピンク一色では出せなかったオシャレな雰囲気がより増したのではないかと思います・

このように、同じシーン、同じ場所であってもカラーフィルターを使用するだけでアーティスティックな印象に早変わり!撮影の幅が広がります!

今回はそんなカラーフィルターを使った撮影における色選びのポイントを色相環をベースにご紹介してまいります。

2.「色相環」とは

色相環とは、色彩理論において、色の移り変わりをを環に表現した図案のことを指します。


色組み合わせ考えるカラーコーディネーターの方や、デザイナーの方にとってはいちばんのベースとなる指標の一つです。
色相環には様々な種類があります。その中から比較的わかりやすく覚えやすい十二色相をベースに解説してまいります。

この色相環は今回ご紹介するカラーフィルターを使った撮影の他にも、コーディネートなどにも活用できます。なので、撮影に携わる方にとって、この色相環を覚えて損はありませんので、この機会に是非覚えてみることをオススメいたします。

3.色相環を使った色の決め方の参考

今回の参考画像の撮影において、「バルーン」という小道具の「可愛らしさ」のイメージがありました。なのでこの「可愛らしさ」をより引き立てるためにピンクを選択しました。

今回ご紹介する色相環の中にはピンクはありません。そういった場合は近い色である赤色の位置であると考えます。よって時計位置の9時の位置をメインに撮影していると考えます。

3-1.2色目以降の選び方

今回の参考写真では、ピンクに青を差し入れて撮影を行いました。

2色目以降に合わせる色の組み合わせについて色相環から導き出すことが可能です。

色相環上で三角形を描いたところにある色を選ぶことで、自然とバランスの取れた組み合わせになります。

今回、9時位置にある赤を頂点に三角形を描くと2時位置にあたる「黄緑」、5時位置にあたる「青」がつながります。

この三色の組み合わせがバランスの取れたバランスの良い組み合わせと言えます。この黄緑と青から、今回は青を選んで撮影をしました。

青を選んだ理由

被写体が青色のカラーコンタクトを着用していたので、その共通点から青を選びました。
青を差し込むことで、よりピンクが強調され、アーティスティックな印象に仕上がったのではないでしょうか。

このように、色相環を用いてカラー選別を行うことで自然とバランスの取れたカラーを選択することができ写真の仕上がりもクオリティの高い作品に仕上がります。

4.カラーにはイメージがあります

私たちの身近にあるカラーには、人間が自然と想像するイメージがあります。例えば戦隊ヒーローはこのカラーイメージがメインとなるキャラクターデザインを行っているといえます。

…熱血、情熱
…クール、冷静
黄色…陽気、活発
…明快、神秘
ピンク…愛らしさ、女性的

※あくまで資料に基づく代表的な一例とお考え下さいませ。

写真も例外ではありません。普段私たちが目にする色は本来、太陽の光によって作り出される色と言われているほどです。

光を映すカメラだからこそ、色がもたらすイメージというのは、作品そのもののクオリティにもつながるほどの要素と言えます。

5.撮影スタジオならではの撮影を楽しんで

ラズスタジオは白い部屋と黒い部屋、目立つようなシチュエーションが無い分、今回ご紹介したカラーフィルターを使った撮影のように、ライティングにこだわった撮影を存分にお楽しみ頂けます。

今回ご紹介した参考写真は白い部屋での撮影でしたが、黒い部屋でのカラーフィルターを使用した撮影もカラーフィルター撮影を知るうえでは是非体験していただきたいと筆者は思っております。

カラーフィルターは無料貸出機材としてご用意もあり、定常光ライト・モノブロックストロボといった照明機材も無料でご用意しておりますので、カメラをお持ちいただくだけでカラーフィルター撮影をお楽しみいただけます!

 

このブログが、カラーフィルターを使った撮影の色の選び方の参考になればとっても嬉しいです!

 

↓カメラ持ち込みだけでカラーフィルター撮影に挑戦できる撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

<LUZZ STUDIOは大阪府感染症対策ガイドライン遵守の認定のもと、営業しております>

 

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2020.09.01最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。