【スタジオで動画撮影したい方向け】動画用照明機材、GODOX SL-150Wをご紹介【レンタル機材】

大阪市・堺筋本町駅徒歩3分、ビル最上階にありますレンタル撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

今回のブログは、新たにLUZZ STUDIOのレンタル機材として仲間入りした定常光ライト、GODOX SL-150Wについてご紹介してまいります。

撮影スタジオにて動画を撮影するにあたり、カメラやレンズはもちろんですがなんといっても十分な“光”が無いと、被写体などが暗くなり作品としてのクオリティを損なってしまいます。

このGODOX SL-150Wは十分な光の明るさ、演色性、輝度を誇り、プロの現場でも注目のLED定常光照明です。

 

1.定常光ライト GODOX SL-150Wについて

GODOX SL-150Wは主に動画撮影に使用される、ビデオライトです。
色温度は5600 ± 300 kの白色灯です。演色性はRa92と高い数値(メーカーカタログ記載)となり、150Wとは思えない明るさを実現しております。
※演色性とは・・・基準光源(太陽光(自然光))で照らされた被写体の色を映し出す照明のステータスです。撮影用ライトとしてRa80以上が望ましいと言われている数値です。

2.定常光ライトGODOX SL-150W 人気の理由

2-1.簡単な操作で、本格的な照明を使用できる

定常光ライトは、コンセントをつなげて電源をONにするだけで使用が可能。

瞬間光の照明であるストロボはカメラとの同期接続が必要ですが、定常光であるSL-150Wは同期接続不要で照明を使った撮影をお楽しみいただけます。

コンセントにつなげて下記画像の「POWER」ボタンをONにするだけ。

GODOX SL-150Wの背面パネル

あっという間に点灯致します。右側にある「SET」ダイヤルで輝度の調整が可能です。

GODOX SL-150W 電源をONにした液晶画面

画面中央に表示されている%(パーセント)表示が輝度を表示しています。
その下に表示されているのは本体の温度表記を示しています。(画像の場合は、本体が44℃(度))

2-2. Bowensマウント採用で、アクセサリーの使用が可能

LED照明は一般的に板状デザインのものが多く、単体での使用、もしくは専用のオプションでの光の調整が必要ですが、GODOXのLEDライトはモノブロックストロボの形状をしています。
そのうえ、Bowensマウントを採用しているので、アンブレラやソフトボックスといったモノブロックストロボに使用するアクセサリーを使用することが可能。つまり、アクセサリーを活用した撮影の幅を広げることが可能です。

アンブレラや、ソフトボックスを使用することで、光量が落ちてしまうという懸念がありますが、150Wという高電力によって、アクセサリーを使用しても十分な光量を発揮することが可能です。

 

2-3.コンセントからの電力供給で安定した撮影が可能

従来のLED照明は、充電式バッテリーや、電池バッテリーを採用しているのに対し、LEDライトGODOX SL-150WはADアダプター採用のLEDライトです。コンセントから直接電力を供給するため、常に安定した光での撮影を続けることが可能です。

コンセントのある室内での撮影、つまりスタジオ撮影に相応しいLED照明と言えます。当LUZZ STUDIOでも万能な定常光ライトです。

2-3.10%~100%という細かな輝度調整が可能

輝度調整が10%~100%、1%目盛りでの細やかで繊細な調整が可能です。

LUZZ STUDIOでは黒い部屋での撮影時にしっかりと被写体を照らしたい場合は80%~100%のアンブレラ装着、白いものを撮影する際のハイキー(白飛び)が気になる場合は50%~70%でアンブレラ装着をオススメしています。

 

3.LUZZ STUDIOではGODOX SL-150Wにお使いいただける様々なオプションをご用意

GODOX SL-150W だけでももちろん撮影を行っていただけますが、GODOX SL-150Wのリフレクターのままだと、硬い光で影やコントラストが強く出ます。また、モデルへの直射は目への影響を考えると危険です。

そんな問題を解決するため。LUZZ STUDIOでは、SL-150Wに使用していただける様々なオプション、機材をご用意しております。

3-1.光を柔らかく広く拡散するアンブレラ

直接被写体へ照射を可能にするトランスルーセントに、定常光を柔らかな光にし、広範囲に明るくするホワイトアンブレラやシルバーアンブレラを無料でご用意しております。

トランスルーアンブトランスルーアンブレラレラ

トランスルーセントアンブレラ 33インチ

シルバーアンブレラ

シルバーアンブレラ 43インチ

ホワイトアンブレラ

ホワイトアンブレラ 43インチ

 

3-2.光をまっすぐに照らすソフトボックス

リフレクターのままだと円状に広がる光を四角形に真っ直ぐと照らすソフトボックスの装着が可能。

LUZZ STUDIOには

  • バストアップ撮影に最適な60㎝×90㎝
  • 全身撮影に対応する30㎝x160㎝
  • アイキャッチライトもカバーする直径80㎝のオクタゴンタイプ

をご用意しており、3種類すべて、GODOX SL-150Wにご利用可能です。

ソフトボックス

ソフトボックス 60×90㎝

ソフトボックス

ソフトボックス 30×160㎝

オクタソフトボックス

ソフトボックス(オクタ型) 直径80㎝

3-3.光に色を付けるカラーフィルター

SL-150Wは白色のLED照明、色調調整が不可となっております。このライトにカラーフィルターを使用することで。光に色を乗せることができ、非日常の印象的な作品に仕上がります。

カラーフィルター

カラーフィルター

3-4.光をより繊細に操るバーンドア

バーンドア

アンブレラやソフトボックスよりも、より直感的に光りの照射角度や範囲を調整できるバーンドアの無料レンタル御座います。撮影の現場では、照明の「足し算」と「引き算」が重要です。バーンドアはそんな照明の「引き算」を可能とします。オプションとしてグリッド、からフィルターもご利用いただけます。

4.LUZZ STUDIOでは定常光ライト3灯での撮影が可能に

LUZZ STUDIOでは、無料照明機材として、GODOX SL-60Wを2台を設置しております。
GODOX SL-150Wをレンタルしていただくことで、定常光ライト3灯での撮影が可能となり、カメラマンは、カメラだけを持ち込むだけで撮影を行っていただける動画撮影においてより良い環境となりました。

 

5.まとめ

GODOX SL-150Wは十分な光の明るさ、演色性、輝度を誇り、動画撮影のクオリティが上がること間違いありません。

撮影スタジオでの動画撮影のクオリティを上げたい、GODOX SL-150Wを体験したい!という方は
是非、LUZZ STUDIOにお越しください!

今後、LUZZ STUDIOでも実際に動画撮影をしてみたレポートを動画としてYouTubeに掲載を予定しております。是非そちらもお楽しみに。

今回のブログが、新しい定常光ライトとの出会いになれば、とっても嬉しいです!!

 

↓今回解説した自然光撮影可能な撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

<LUZZ STUDIOは大阪府感染症対策ガイドライン遵守の認定のもと、営業しております>

 

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

感染症対策のもと営業中

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。