【初心者向け白ホリ(白背景)での人物撮影】ストロボを使って背景をグレーバックにする方法

大阪市中央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)です。

撮影スタジオをはじめとする、室内撮影ならではの白ホリ(白背景)を背景にした人物撮影(ポートレート撮影)。
背景がシンプルゆえに、純粋に被写体を引き立たせることが可能で、作品撮影をはじめ、プロの現場でも大人気のシチュエーションです。

しかし、背景がシンプル・単調であるがゆえに、被写体さんのポーズのバリエーションやアングルを変えたとしても、どれも同じような写真になってしまうことが多く、なんだか物足りなさを感じていませんか。

そんな白ホリ(白壁)撮影のマンネリ化を無くし、レパートリーを増やす方法としてストロボを使って、素早く効率的に背景を白色からグレーにする方法」を、実際の撮影写真を基にご紹介してまいります。

 

1.実際に白ホリ(白背景)で同じ場所・同じ人物を撮影した人物写真をご紹介

まずは、普通に白ホリ(白背景)で撮影を行った写真がコチラです。(ロイスター所属 俳優木下さん)

次に、背景をグレーにして撮影を行った写真がコチラです。

この2枚とも、白ホリゾント、白壁を背景にして撮影を行っています。一見、同じ場所で撮影したとは思えない仕上がりです。

この2枚の写真は背景紙を使わず、カメラとストロボのみで撮影を行っています。

 

使用した機材は撮影用のカメラ

ストロボ2灯(1灯が被写体用のメインライト、もう1灯は全体の明るさを上げるためのフィルライト)

モノブロックストロボ

ソフトボックス(被写体用のメインライトに装着)

ソフトボックス

ソフトボックス 60×90㎝

アンブレラ(フィルライトに装着)

トランスルーアンブトランスルーアンブレラレラ

トランスルーセントアンブレラ 33インチ

以上の4点です。

 

今回の参考写真のライティング配置は以下のようになっております。

白ホリ(白背景)で撮影

背景をグレーにして撮影

 

2.カメラとストロボだけで、背景を白からグレーにする3つのポイント

実際に白の背景からグレーの背景へ変化をさせた際のポイントを3つご紹介致します。

ポイント1.壁から被写体を離す

壁にべったりとついた状態や近い状態では背景をグレーにして撮影をすることができません。背景をグレーにする場合は、壁から被写体を離すようにしましょう。

白ホリ(白背景)での撮影時

 

背景をグレーにして撮影時

壁から被写体を離すことで、メインライトのストロボの光が被写体と壁に届く距離に差を付けました。
その結果、背景の白壁が暗くなり、グレーに映るようになります。

ポイント2.メインライトのストロボの光が被写体だけに届くようにストロボの配置・角度を調整をする

壁から被写体を離した後は、より背景に光を届けないようにメインライトのストロボの調整を行います。

このグレーのバックで撮影を行う場合、被写体と背景との明暗差をしっかりと付けることでより効果的に背景を暗くすることを強調することができます。

この際にオススメするのが、ストロボ+四角形のソフトボックスの組み合わせです。
ソフトボックスを使用することでストロボの光が柔らかくなり、人物を綺麗に照らしながら、光の届く範囲を狭くなります。

被写体だけなど、ピンポイントで明るくするには最適なディフューザーと言えます。

実際に今回の撮影でもメインライトにソフトボックスを装着して撮影をしています。

白ホリ(白背景)での撮影時

 

背景をグレーにして撮影時

逆にアンブレラはストロボの光を柔らかくしながら、ソフトボックスとは反対に広範囲に光を広げてしまいます。その結果、届いて欲しくない背景に光を届けてしまう場合があります。

<アンブレラを使用した場合のイメージ図>

どうしても、アンブレラしかない場合や、絶対にアンブレラを使用したい場合でもグレーにできないことはないですが、ソフトボックスと比べると背景のグレーの仕上がり具合に違いがでますのでご注意くださいませ。

 

◆補足ポイント◆ソフトボックスの”グリッド”について

今回の撮影時、グレー背景の撮影時にはソフトボックスの「グリッド」を使用しています。

このグリッドを使用することで、より光の照射範囲、角度をさらに狭めることでき、より背景を暗いグレーに仕上げることが可能になります。

このグリッドの違いは被写体側から見ることで違いを確認できます。

グリッドが無い状態だと、

ソフトボックスの白い面全体が明るく見えます。

それに対し、グリッドを付けると