【白ホリ(白背景)での人物撮影レシピ】ストロボを使ってシルエット撮影をする方法をご紹介!

大阪市中央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

撮影スタジオをはじめとする、室内撮影ならではの白ホリ(白背景)を背景にした人物撮影(ポートレート撮影)。
背景がシンプルゆえに、純粋に被写体を引き立たせることが可能で、作品撮影をはじめ、プロの現場でも大人気のシチュエーションです。

当ブログの筆者が店長をしております、撮影スタジオラズスタジオにも、白ホリ(白背景)の環境が御座います。

そんな、カメラマンなら一度は通る人気の白ホリ撮影は、被写体を綺麗に撮影できることから大変人気があります。しかし、ただ白い背景なため、同じような写真ばかり・・・なんてことに。

そんな事態にならないために!白ホリでの撮影レパートリーの方法の一つ、「シルエット撮影」をご紹介いたします。

1.シルエット撮影とは

シルエット撮影とは、被写体をまるで影のように黒く撮影し、ボディラインや衣装の輪郭をメインとする方法です。アート作品や、マタニティフォトで人気な撮影方法です。

背景がシンプルであればあるほど、一枚の写真としてのアート性が強く出ます。そのため、白ホリ(白背景)での撮影にピッタリなテクニックと言えます。

3.シルエット撮影を白ホリ(白背景)で行う方法

結論からお伝えすると、ストロボを使って逆光の環境を作り出すことで、シルエット撮影が可能になります。

その方法を、今回の写真を撮影した内容をベースに紹介してまいります。

3-1.シルエット撮影時に使用した機材について

今回使用した機材は

①モノブロックストロボ(2灯)モノブロックストロボ

②カポック(2つ)カポック

そして、撮影するカメラを使用いたしました。

3-2.シルエット撮影をする際の被写体の立ち位置

白ホリ(白背景)の前に被写体に立ってもらいます。この時の壁と被写体の距離は近づきすぎないようにします。
目安としては、約1mほど、離れるようにしてください。

3-2.シルエット撮影をする際のストロボの位置

ストロボ2灯は、被写体の左右それぞれ1台ずつ、被写体よりも背景近くに設置します。そして、どちらも背景に光が向くようにします。

白背景ストロボの光量は強めに設定し、背景を完全に白く照らし出すように意識します。

すると、白背景にあたった光が反射することで逆光のシチュエーションを作り出すことができます。

シルエット撮影のための基本ベースは以上になります。
しかしこのまま撮影を行うと、白背景から反射された光が様々な場所に乱反射をおこしシルエットにしたい被写体にも光が回ってしまいます。そうすると、シルエット部分が明るくなってしまいます。

そのため、被写体に光がまわらないようにカポックで光を遮ります。

3-3.シルエット撮影をする際のカポックの位置

カポック2つの黒面を被写体側に向け、ストロボを被写体から見えなくなるように設置します。

 

こうすることで、被写体にまわる光を遮ることができ、さらにカポックの黒色の面によって、より境界線が黒く浮き上がるようになります。

 

以上が、シルエット撮影の方法でした。こまかな角度や高さやカポックの位置は、撮影する画角や構図によって異なります。あので、撮影シーンに合わせた微調整を行ってくださいませ。

大事なポイントは

①被写体は壁から離れてもらう。
②白背景に向かってストロボの光を当てること。
③余計な光を遮るようにカポックを活用する。

以上の3つのポイントをベースにセッティングを組んでみてくださいませ。

3-4.カメラの設定について

カメラの設定方法はマニュアルにて撮影をします。各設定する値の目安は下記通りです。

①ISOは基本100を目安に設定する

背景と被写体の明暗差を出すために光の感度であるISOは低めの値を目安にしましょう。

F値は絞り気味(数字を大きい方)にする

今回の撮影方法では、使用するレンズで設定できるF値の中間より少し数字が大きい方にしましょう。ボケよりもきっちりとピントを合わせることでシャープな写真に仕上がります。

③シャッタースピードは手ブレを起こさず、ストロボの同調も可能な数値にする

シャッタースピードは手ブレを起こさず、ストロボとの同調も可能なシャッタースピード(1/125あたり)を目安に調整しましょう。

4.ラズスタジオの無料機材だけでこの撮影方法がチャレンジ可能!

当ブログの筆者が店長をしております大阪本町にありますレンタル撮影スタジオ・ラズスタジオでは、ストロボや周辺アクセサリーの無料貸出を行っております。

そのため、今回ご紹介したシルエット撮影はISO・F値・シャッタースピードなどの設定を調整可能なカメラ(一眼レフカメラやミラーレス一眼カメラなど)をお持ちいただければ、白ホリゾント(白い部屋)にてこの撮影をお楽しみ頂けます!

是非、お近くにお住まいの方で、白ホリ(白背景)での撮影に挑戦してみたい方はご活用いただければ幸いです。

このブログの筆者もスタジオの店長として滞在しておりますので、照明機材の使い方などがわからなければ、簡単なレクチャーも行っておりますので、お気軽にお尋ねくださいませ。

 

白ホリ(白背景)はただ白く撮影するだけじゃない!照明をうまく活用することで、様々なレパートリーを増やすことのできる最高のシチュエーションです!!

このブログがそんな白ホリ(白背景)での撮影をお楽しみ頂けるきっかけになればとても嬉しいです!

 

↓ストロボを使ってシルエット撮影ができる撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

<LUZZ STUDIOは大阪府感染症対策ガイドライン遵守の認定のもと、営業しております>

 

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2022.05.31最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

【白ホリ(白背景)での人物撮影レシピ】ストロボを使ってシルエット撮影をする方法をご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。