【知っていて損しない!】スタジオポートレート撮影で背景を効果的にぼかす方法~窓際逆光編~

大阪市・堺筋本町駅徒歩3分、ビル最上階にありますレンタル撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

今回のブログは、当スタジオでの一眼レフカメラ、ミラーレスカメラを使用したポートレート撮影で、効果的に背景をぼかす方法を解説します!

ポートレート撮影において、背景を効果的にぼかすことで、メインとなる被写体をより目立たせ、魅力的に見せる方ことができます!

というのも、折角の被写体をメインにした撮影した写真。背景に意図していない些細な映り込みがあると、その写真を見た人はその些細な映り込みが気になってしまい、メインに目がいかなくなってしまうという自然な性質があるのです。

そこで今回は、些細な映り込みを一眼レフやミラーレスカメラなどの一番の特性ともいえる「背景ボケ」を活用し、被写体を際立たせる撮影スタジオでの撮影テクニックの一つをレンタル撮影スタジオの店長兼カメラマンの筆者が、ご紹介いたします。

ポートレート撮影に限らず、コスプレ撮影やプロフィール撮影などでも活用できる、覚えておいて損はないテクニックですので、是非ご覧くださいませ。

 

1.逆光に差し込む自然光を活用する

当LUZZ STUDIOは、東西に窓があり、午前は東から、午後は西から日差しが差し込みます。その特性を活かし、使用する時間に合わせて、背景に使用する窓を変えましょう。

今回紹介のお写真は、午前に撮影をしましたので、東の窓を背景に、レースカーテンを引いて撮影を行いました。

白ホリゾント(白い部屋)についてはコチラより

白ホリゾント(白い部屋)

LUZZ STUDIOの東の窓は、すぐ目の前に高速道路が走っているので、遮るビルの無い開けた風景となっています。しかし、その高速道路の対岸側のビルが映り込む場合がありますが、今回はそのビルを無きものといたします!

2.背景と被写体の距離を離す

東の窓を背景にするにあたり、被写体の位置は約1Mほど離しました。

離した理由は、被写体と背景が近い場合F値を調整しても背景がボケにくくなること。
そして今回の撮影では被写体全体にピントを当てたいため、F値を開放にせず効率よく背景をぼかす為です。

ぼかしについてはこちらの記事で解説していますので、ご興味のある方は是非ご覧ください。

【初心者必見!】一眼レフカメラで背景をぼかした撮影方法【わかりやすく解説】

3.逆光の光を被写体に回す為、カポックを使用

逆光の光のまま撮影を行うと、被写体の正面に光が届かず、被写体が暗くなってしまいます。そのため、カポックを2枚使用しました。

カポック

カポック

このカポックの白の面を被写体側に囲むように設置し、窓から差し込む自然光を反射させ、その光を被写体にあたるようにしました。

ここで照明を使わなかった理由としては

  1. 十分な自然光があったため。
  2. 自然な仕上がりに仕上げたたかった。

の2点が上げられます。

今回の一番の光源は被写体の後ろから差し込む自然光です。この自然光を尊重し、活用することが今回の撮影ではベストだなと私自身が判断したからです。

 

そして撮影ができたのが、こちらの写真です。

<シャッタースピード1/200、f値7.1、ISO320、焦点距離48㎜>

お気づきの方も多いと思いますが、背景ボケを行う方法として多く用いられる「背景をぼかすためにはF値を開放に(F値を小さく)する」という値に比べるとF値はほぼ標準に近い数字(F値7.1)です。

そのため被写体にしっかりとピントを当てることができています。

このF値をほぼ標準に近い数字にして撮影できるのは、「背景と被写体の位置」と「カポックを使用して光を被写体に届けている」の3つの要素が活躍しているからと言えます。

このような距離を考えて、仕上がりに導くことができるのが、まさにスタジオ撮影の醍醐味と言えるのではないのでしょうか。

ちなみに、F値を絞ることによって、暗くなってしまった明るさはISOで調整しています。

 

4.撮影スタジオで背景ボケを駆使して、素敵なポートレート作品を撮影しよう!

今回は背景ボケを駆使したポートレート撮影の方法について解説してまいりました。

背景と被写体の位置、そして逆光、カポックを使用することによって、効果的に背景をぼかすことで余計な映り込みをなくし、照明を使用せずとも被写体がメインとなる作品を撮影することができました。

この位置関係や自然光の活用方法について文章や図を使って解説をしてまいりましたが、
やはり、実際に撮影を行ってみるとより理解を深めることができますので、是非、挑戦していただきたいと筆者は願っています。

また、あくまで一つの方法なので、他にもさまざまな方法があります。引き続きこのブログでご紹介できればなと考えております。

今回のブログがそのきっかけになれば、とっても嬉しいです!

 

↓今回紹介した撮影方法を行った撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

 

 

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2020.09.01最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。