【初心者向け】 自然光再現のストロボライティングのポイントと方法をご紹介!

大阪市中央区本町、大阪メトロ堺筋本町駅徒歩3分にあります、撮影スタジオLUZZ STUDIO(ラズスタジオ)の店長・綾です。

今回のブログは、ストロボを使ってまるで自然光で撮影したような、ナチュラルなライティングをする為に、

おさえておくべきポイント方法

についてご紹介してまいります。

意外と見落としがちなポイントを軸に解説してまいりますので、ストロボ初心者の方必見の記事となっております。是非ご覧くださいませ。

1.自然光再現のポイントは「影」をどうするか

自然光を再現するライティングのポイントは「影」です。

この影の状態によって、写真の仕上がりの印象が左右されます。

 

ライティングはただ明るくするだけではありません。

影の状態もライティングで調整をします。

 

例えば、雲一つない快晴の日に撮影したような強い日差しのイメージの場合は、影をしっかりと出すライティングをします。

下の写真はそのイメージで撮影した写真です。

この影の状態を再現するようにライティングを組むことが、自然光再現のライティングの考え方の基本となります。

2.自然光再現のライティング方法

自然光再現のライティングでの考え方のベースとしては

影をしっかりと出す か 影を柔らかくする です。

2-1.影をしっかりと出す方法

影を出す方法は、強い光を被写体に向けます。

強い光を当てるもっとも簡単な方法は被写体へストロボをそのままあてることです。

このときのポイントとして、必ず被写体の顔よりも上の角度から当てましょう。

太陽は私たちの頭上から光を届けます。ストロボ撮影の際にもストロボを太陽に見立てて、この法則を守ることで自然な仕上がりになります。

より詳しい内容は下記記事をご覧ください。

スタジオ撮影で晴れの日でなくても、影のある写真を撮影する時短な方法

2-2.影を柔らかくする方法

影を無くす方法は、拡散された柔らかい光を被写体に向けます。

拡散された光は、ストロボの直射光と比べて広範囲に届くことで、影を柔らかくしてくれます。

例えば、下の写真は影を柔らかくしています。

この影の状態も、ライティングによって調整をしています。

拡散された柔らかい光を作る代表的な4つの方法をご紹介します。

①壁や天井へのバウンス光を使用する

ストロボの光を被写体に直接ではなく、壁や天井などに向けて光らせることによっておこる反射の光を使用する方法です。

壁バン、天バンと呼ばれる方法です。

壁や天井から広範囲に光が拡散することで、影の部分にまで光が届き、影が柔らかくなります。

特殊な道具や機材が不要で、ストロボの方向を変えるだけの方法ですので、誰でも簡単に行える方法です。

下記記事にて、より詳しい内容をご紹介しております。

【ストロボ初心者向け解説】バウンス撮影について-メリットやコツを撮影事例でご紹介-

②レフ板(カポック)を使用する

レフ板やカポックを使って、照明の光を反射させて影を柔らかくすることができます。

照明の光が被写体越しのレフ板で反射されること光が影のある部分へ拡散されることで、影が柔らかくなります。

カポックの使用方法を紹介している下記記事にて撮影事例をもとに詳しく紹介しておりますので、気になる方は是非ご覧くださいませ!

意外と知らない“カポック”についてわかりやすく解説!!【使い方~撮影事例まで】

③ストロボに取り付けるディフューザーを使用する

アンブレラやソフトボックスなどのディフューザーを使用し、光を拡散させて影を柔らかくする方法です。

壁や天井、レフ板(カポック)を使用したバウンス光での撮影よりも、直感的にライティングを組めるようにしてくれるのがディフューザーのメリットです。

④ストロボを複数灯使用する

ストロボを複数灯使用する方法です。

被写体を明るくするストロボと影を柔らかくするライトと役割分担させることで、より自然かつ綺麗に光をいきわたらせることが可能です。

被写体を明るくするストロボの光量に対して、影を柔らかくするストロボの光量は同等よりも弱くするのがポイントです。

【初心者向け】2灯ライティングについて、撮影写真とイラストでわかりやすく解説!

 

3.【まとめ】光と影をコントロールして、自然光再現撮影でナチュラルな仕上がりに

ストロボを使った、ナチュラルな仕上がりに近づける自然光再現撮影の方法をご紹介してまいりました。

今回ご紹介した方法は当ラズスタジオではストロボやレフ板(カポック)の無料レンタルにバウンス撮影可能な天井と壁がございます。

カメラをお持ちいただくだけで紹介しました方法をお試ししていただけます。

お近くにお住まいの方は是非、ご利用してみてはいかがでしょうか?

今回のブログが、ストロボを使った自然光再現ライティングを知るきっかけになればとても嬉しいです!

↓大阪市でカメラをお持ちいただくだけでストロボ撮影ができる撮影スタジオはこちら↓

LUZZ STUDIO
〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1丁目2番1号本町リバーサイドビル8F

<LUZZ STUDIOは大阪府感染症対策ガイドライン遵守の認定のもと、営業しております>

 

↓ご予約はこちら↓

www.luzzstudio.com

↓お問合せはこちら↓

www.luzzstudio.com

BLOGのほかにも、各種SNSもございます。是非よかったらフォローしてくださるとうれしいです♪

Twitter:https://twitter.com/luzzstudio

Instagram:https://www.instagram.com/luzzstudio8

Facebook:https://www.facebook.com/LUZZSTUDIO8

YouTube:https://www.youtube.com/channel/UCObCNYUOr4rMRupdGvXZsKA?view_as=subscriber

それでは、今回の記事はここまで。

最後までお読みいただき、本当にありがとうございました!T

衛生対策、感染症拡大防止対策のもと営業中<2021.08.31最新>

LUZZ STUDIOは、大阪府のガイドライン遵守、認定を頂き営業をしております。併せて、日本写真館協会のガイドライン(https://www.shashinkan.com/images/top/20200521_guideline_ver16a.pdf)にも基づき営業を行っております。

【初心者向け】 自然光再現のストロボライティングのポイントと方法をご紹介!” に対して1件のコメントがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。